総量規制ってカードローンの審査に影響する?

総量規制は、カードローンの審査にも影響を及ぼすことになります。消費者金融系の金融機関にカードローンの申し込みをした場合、今借りている金額によっては融資を受けることはできません。

消費者金融系では、借りすぎを防止するために、年収の3分の1以上のお金を借りることができないように法律で定められているのです。既に別の消費者金融でお金を借りている方は、総量規制の影響を強く受けることになります。

ただ、銀行のカードローンに申し込んだ場合には、審査に影響を与えない可能性もあるのです。銀行は総量規制がないため、必要になる金額を借りることが可能になってきます。

ただし、銀行の場合には、消費者金融に比べて審査が厳しくなっているため、別の理由で融資を断られてしまうことも考えておかないといけません。

いずれにしても、すでに借入を行っている場合には、返済できるように無理のない金額のみを借りるように心がけてみるとよいでしょう。

信用情報機関に掲載されている情報が重要

CIC・JICC・全銀協は、全国の銀行はもとより、消費者金融業者やクレジットカード会社などの金融機関におけるクレジットヒストリーの登録や開示などの役割を担っています。

いってみれば、キャッシングやクレジット契約をするにあたっての重要な機関です。いわゆる、闇金融や町金融などといったところ以外のすべての金融機関が利用している信用情報機関です。

CIC・JICC・全銀協のこのクレジットヒストリーの管理によって、個人の借り過ぎを防止したり、無理な貸し付けを回避したりすることができます。

なお、この情報については、極めて重要な個人情報になるため、厳格に管理されています。原則として、本人の情報については、加盟登録した金融機関のほか、本人がその情報の開示請求をすることができます。

ブラックリストという言葉を口にする人がいますが、通常の場合、CIC・JICC・全銀協の延滞などのクレジットヒストリーのことを指し示しているのです。

カードローンの申し込みから審査完了までの流れ

カードローンの申し込みをする場合審査が必要になりますが、どの会社でもある程度の流れは決まっています。

まず最初に行われるのが、事前審査です。ここでは信用情報の紹介が行われます。

現在利用しているローンの利用履歴はどうなっているか、今まで返済の遅れなどは無かったかなどが見られます。延滞履歴や、すでに大きな借り入れがある場合には、この時点で通らない事もあります。

その後は本審査が行われ、スピードの早い会社なら1日程度で終了します。申込内容の確認の連絡や、在籍確認などが行われます。

収入証明書などが必要になる事も多いので、こういった必要書類は事前に用意しておくと手続きもスムーズに進みます。

これらの手続きを行い問題がなければ、カードが発行されます。郵送の場合には、5日程度かかる事があります。

細かな流れは会社によって変わってくるので、実際申し込みをする際には、事前に問い合わせをしたりホームページで確認しておくと安心です。

審査完了から現金引き出しまでの流れ

カードローンは審査が通れば、その日から現金引き出しが可能です。ですが、カードの受け取り方法には注意をしておかなければなりません。

郵送で受け取る場合は、カードが届くまでローンを引き出せないことになります。即日で現金が必要なときは、窓口でカードを受け取るようにしましょう。

場合によっては、ATMでカードを受け取るときもあります。借り入れはATMで引き出す方式が主流です。

他にも、インターネットで申し込んで特定の口座に振り込んでもらうダイレクト方式があります。どのATMを利用できるかは、契約したカードローンのサービスによって異なります。

申し込むときに、どこで利用できるのかをよく確認しておかなければなりません。一般的には、取引先の金融機関やコンビニを利用できることが多いです。

現金引き出しの操作方法は、預金口座から現金を引き落とすときと変わりません。預金を引き出すのと同じように、借金を引き出すものと考えると、操作をしやすいでしょう。