総量規制は、カードローンの審査にも影響を及ぼすことになります。消費者金融系の金融機関にカードローンの申し込みをした場合、今借りている金額によっては融資を受けることはできません。

消費者金融系では、借りすぎを防止するために、年収の3分の1以上のお金を借りることができないように法律で定められているのです。既に別の消費者金融でお金を借りている方は、総量規制の影響を強く受けることになります。

ただ、銀行のカードローンに申し込んだ場合には、審査に影響を与えない可能性もあるのです。銀行は総量規制がないため、必要になる金額を借りることが可能になってきます。

ただし、銀行の場合には、消費者金融に比べて審査が厳しくなっているため、別の理由で融資を断られてしまうことも考えておかないといけません。

いずれにしても、すでに借入を行っている場合には、返済できるように無理のない金額のみを借りるように心がけてみるとよいでしょう。

信用情報機関に掲載されている情報が重要

CIC・JICC・全銀協は、全国の銀行はもとより、消費者金融業者やクレジットカード会社などの金融機関におけるクレジットヒストリーの登録や開示などの役割を担っています。

いってみれば、キャッシングやクレジット契約をするにあたっての重要な機関です。いわゆる、闇金融や町金融などといったところ以外のすべての金融機関が利用している信用情報機関です。

CIC・JICC・全銀協のこのクレジットヒストリーの管理によって、個人の借り過ぎを防止したり、無理な貸し付けを回避したりすることができます。

なお、この情報については、極めて重要な個人情報になるため、厳格に管理されています。原則として、本人の情報については、加盟登録した金融機関のほか、本人がその情報の開示請求をすることができます。

ブラックリストという言葉を口にする人がいますが、通常の場合、CIC・JICC・全銀協の延滞などのクレジットヒストリーのことを指し示しているのです。